カテゴリー: 未分類

歯周病

日本においては犬の3歳以上の80%が歯周病にかかっているとも言われています。

歯垢や細菌が原因となり、歯肉炎や歯石が進行し最終的には歯が抜け落ちたり、痛くてご飯が食べられなくなることもあります。

また、鼻と口を隔てる骨が溶けてしまうことで鼻炎になり、くしゃみ、鼻水がひどく出ることもあります。

治療及び予防としてスケーリングや抜歯を行い、口腔内を清潔に保ちます。

抜歯後は様々な方法で縫合をすることがあります。

 

 

胃内異物

犬猫は消化できない物質や通過できない大きさのものを誤食してしまうことがあります。

喉から出る大きさ、鉗子で掴めるものは内視鏡で摘出します。

 

大き過ぎるものは手術で摘出します。